外国為替証拠金取引(FX)応用

外国為替証拠金取引(FX)で成功するには、基礎的なことを知っているだけでは足りません。更に外国為替証拠金取引(FX)に関する指標やルールなど応用的な知識を押さえておく必要があります。

外国為替証拠金取引(FX)応用一覧

スプレッドは変わる?!
スプレッドは業者によって変わるもので、投資家から見ると手数料にあたる、という話しを書きました。実は、スプレッドは同じ業者、同じ通貨ペアでも、時と場合により変化します。外国為替証拠金取引(FX)をする際にきちんと確認すべき項目です。
スローストキャスティクス(テクニカル指標)
スローストキャスティクスは外国為替証拠金取引(FX)でオシレータ分析をするためのテクニカル指標の一つです。
MACD:マックディー(テクニカル指標)
MACD(マックディー)は外国為替証拠金取引(FX)でオシレータ分析をするためのテクニカル指標の一つです。
トレンド分析とオシレータ分析
トレンド分析とオシレータ分析は、外国為替証拠金取引(FX)でテクニカル分析を行う際の大きな2つの見方です。トレンド分析は大きなトレンドを見るために、オシレータ分析は買われすぎ、売られすぎといった変化の度合を見るために使われます。
ローソク足(テクニカル指標)
ローソク足は外国為替証拠金取引(FX)で相場の動きを確認する基本的なテクニカル指標です。上がり下がりの傾向や転換ポイントなど全体を把握するのに向いています。
IFO:イフダンオーシーオー(注文方法)
IFO(イフダンオーシーオー)という注文方法を使うと、外国為替証拠金取引(FX)をほぼ自動化できます。新規の指値注文が成立すると同時に利益確定とストップロスオーダーを出します。片方が成立すれば、もう片方がキャンセルし、注文が完了します。
OCO:オーシーオー(注文方法)
OCO(オーシーオー)という注文方法は外国為替証拠金取引(FX)の中で自動売買に有効です。既存のポジションに対して、利益確定とストップロスを同時に発生させることができます。
IFD:イフダン(注文方法)
IFD(イフダン)という注文方法は、外国為替証拠金取引(FX)の中で重要です。指値注文と同時にストップロスオーダーが出せるので、非常に便利かつ投資を安全にしてくれる方法です。
自動売買
外国為替証拠金取引(FX)はまだ株式投資ではできていないことの多い、さまざまな注文方法が一般的にできるので、自動売買も可能です。。ストップロスや利益確定を感情をはさまずに自動で行うことで、損を大きくせず、かつ利益を得て行くことができると考えられます。
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
ファンダメンタル分析とテクニカル分析は、外国為替証拠金取引(FX)をする上で、どう取り込むかが考えどころです。ファンダメンタル分析は主に大きな流れを、テクニカル分析は個々の売り買いを考えるのに使うことがよいと考えています。
期日指定(注文方法)
外国為替証拠金取引(FX)の注文では、その注文の有効期間を指定できます(期日指定)。これは注文、環境、あなたの投資スタンスに合わせて期間を上手に設定して、リスク回避ができます。
逆指値注文(注文方法)
逆指値注文は外国為替証拠金取引(FX)で重要な注文方法です。ストップロス(損切り)、利益確定に使える身に着けるべき注文方法です。
 
※免責事項
投資は自己責任が基本です。従いまして、当サイトの情報取扱については、利用者の自己責任において行っていただきますようお願いいたします。当サイトをご参考にして行ったいかなる売買であっても、生じた損害に対する責任を負いかねます。当サイトの掲載情報は成果を保証するものではありません。投資は、発生するリスクを十分に理解し、自己責任にて行ってくださいますようお願いいたします。