外国為替証拠金取引(FX)Tips

外国為替証拠金取引(FX)をやる中で、ちょっと気にした方が良いことをまとめました。知っていると得になることもあります。参考程度に見ておいてもらうと良いと思います。

外国為替証拠金取引(FX)Tips一覧

外国為替証拠金取引(FX)哲学~損切り~
外国為替証拠金取引(FX)をする上で非常に重要と言えるのが「損切り」です。これがきちんとできないと、負ける際の額が大きくなり、回数的には勝ち越したとしても、金額的には負けてしまいます。
外国為替証拠金取引(FX)哲学~もうはまだ、まだはもうなり~
外国為替証拠金取引(FX)に限らず、株式投資などでも同じことが言われます。「もうはまだ、まだはもうなり」は、相場で負ける人の気持ちがよく現れている格言です。
FOMCって何?
外国為替証拠金取引(FX)をしていると、よく関連ニュースでFOMCなる単語が出てきます。それと絡めて、アメリカの金利が発表されたりしています。FOMCが何なのか、外国為替証拠金取引(FX)にはいったい何の関係があるのか、簡単に説明してみます。
量的緩和政策の解除
日本銀行が2001年3月から続けてきた量的緩和政策が2006年3月に解除されました。量的緩和政策が外国為替証拠金取引(FX)に与える影響を考えてみます。
ゴールデンウィークの小技
外国為替証拠金取引(FX)では、スワップ金利獲得が稼ぐための一つの狙いどころです。ここにゴールデンウィークならではのちょっとした小技があります。ゴールデンウィークは休日の並びと業者のやり方によってスワップ金利をまとめて複数日分つけることがあるのです。これを狙う小技の紹介です。
寄り付きと引け
株式投資では市場の開始後を「寄り付き」、終了前を「引け」と言います。外国為替証拠金取引(FX)は基本的には24時間可能なのですが、週末は外国為替市場がお休みとなります。よって、金曜日の最後が「引け」、月曜日の最初が「寄り付き」にあたります。株取引同様に、このタイミングが売買に影響を及ぼすことがあります。
期末は気をつけましょう
外国為替証拠金取引(FX)をする上で3月末は気をつけるべきタイミングです。3月末は日本の多くの会社が会計年度末となります。決算なので、それまで持っていた外貨(主に国際基軸通貨である米ドル)を日本円に戻すという作業がよく行われます。そのため、円高に振れる可能性が高くなります。
 
※免責事項
投資は自己責任が基本です。従いまして、当サイトの情報取扱については、利用者の自己責任において行っていただきますようお願いいたします。当サイトをご参考にして行ったいかなる売買であっても、生じた損害に対する責任を負いかねます。当サイトの掲載情報は成果を保証するものではありません。投資は、発生するリスクを十分に理解し、自己責任にて行ってくださいますようお願いいたします。